DHA,EPA 血液さらさら〜豊かな食品をプラス

機能豊かな食品をとりいれることが大切です。


LDL(悪玉コレステロール)を減らし、血液の固まるのを
防ぐ働きを含む働きがあるのが、DHA、EPAを含む魚類。

じゃ
野菜や海草類には、コレステロールの吸収を抑制して、
排泄を促す水溶性食品繊維が豊富なことは、よく知られています。
テレビ「どっちの料理ショー」に出た食材も入ったおためしセット



そして、素晴らしい「畑の肉」と呼ばれる大豆、コレは優れものです。
コレステロール値を下げる働きをする栄養が、豊富に含まれています。

血液サラサラ


米、小麦、芋等のでんぷんには、動物性食品でとったコレステロールを
減らす効果があります・・・ご存じですか?

ブームじゃない!本当に売れてます!



遠赤青汁ONLINE SHOP



有機栽培&無添加。国内産ケール100%の青汁をお届けしています。

 野菜不足を感じている方、忙しくて食生活が不規則な方必見です!




さらに、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ

ビタミンE(ナッツ類、アーモンド、落花生、大豆等)
C(柿、いちご、オレンジ、キュイフルーツ、芽キャベツ、レモン)
βカロチン(カボチャ、ニンジン、マンゴー、パパイヤ、)
今食べているポリフェノール(チョコレート、ココア、ルイボスティ)

といった抗酸化物質を 多く取り入れたいものですねぇ。




DHA&EPA(DH180)3個セット【muumuu mart】

無臭DHA&EPA(3個セット)【muumuu mart】


【マトリックスサプリメント】【快適生活】



posted by kenkou at 01:06 | DHA,EPA 血液サラサラ〜

健康で鰤(ブリ)

健康メニュー

健康で鰤(ブリ)
健康メニュー・健康メニュー薬膳料理のお伝えです。 


毎日の食事も漢方薬なのです。健康メニュー・健康を学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分の健康を 作ろう♪



1月の薬膳料理 〜 鰤(ブリ)〜お正月やおもてなしの際にご馳走として食べられることの多いブリですが、
薬膳としての効能もたっぷりです。

青魚に多いEPAやDHAが豊富なので悪玉コレステロールの減少を促しますし、滋養強壮・肝臓強化で有名なタウリンも含まれています。
また、マカダミアオイルなどで注目されているパルミトオレイン酸(POA)という成分も含まれます。
これは脳への栄養補給を行い、血管を丈夫にして血行をよくするので、低血圧、貧血気味の人におすすめです。

ブリは脂質が多いので、熱湯をくぐらせて脂を落とすと、胃腸の弱い人も安心して食べられます。
    
posted by kenkou at 00:32 | TrackBack(0) | 健康のためのメニュー

健康にカニ

span style="font-size:large;">健康メニュー

健康にカニ
健康メニュー・健康メニュー薬膳料理のお伝えです。
 

毎日の食事も漢方薬なのです。健康メニュー・健康を学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分で子供の健康を 作ろう♪


2月の薬膳料理 〜 カニ 〜


季節の漢方 カニ
カニは腎陰を補います
冬はカニのおいしい季節です。カニは、五味では鹹(しおからい)に分類され、寒性で腎陰を補います。 年を取ると、体を落ち着かせる要素である陰が少なくなります。

腎陰虚(腎陰が少なくなる)になると、眼が乾いたり、コラーゲンが少なくなるので腰や膝のクッションがなくなり、痛みが出やすくなります。
また、体を落ち着かせることができなくなるので、不眠やのぼせ、手足のほてりが出てきます。腎陰を増やすには、カニ以外にもスッポンやワカメなどの海藻類がおすすめです。
(参考文献:『よく効く民間薬100』村上光太郎、マキノ出版)

その他、カニの効用
カニは解熱に有効です。体を冷やすので妊婦の方はあまり食べない方がよいでしょう。その他、カニは血中コレステロール値を下げるので、動脈硬化症の人にも良い食品です。


食中毒に注意
カニは出来るだけ新鮮なものを選びます。古くなると味が落ちるだけでなく、食中毒の恐れがあります。 カニはゆでて食べた方が安全です。

食べ過ぎると体を冷やし、下痢や腹痛を起こしやすいので、要注意です。

日本ではゆでガニが一般的ですが、味と栄養面を考えると、ゆでるよりも中国式に蒸すことをおすすめします。カニは二杯酢で食べるのがポピュラーですが、このときしょうが汁をかけると食中毒の予防にもなります。

posted by kenkou at 00:31 | TrackBack(1) | 健康のためのメニュー

健康にクコの実

健康メニュー

健康にクコの実
健康メニュー・健康メニュー薬膳料理のお伝えです。
 

毎日の食事も漢方薬なのです。健康メニュー・健康を学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分の健康を 作ろう♪



薬膳料理を作ってみましょう!
1. クコの実いりお茶
クコの実はウーロン茶、プーアル茶、緑茶、紅茶などに入れる。比較的どんなお茶にも合います。

2. むきエビ・ブロッコリーのソテー
材料(一人分)
クコの実はお酒に浸しておく。(1人5〜6粒)、
しいたけ、エビは酒につけておく。(しなくてもよい)、
小房に分けて1分くらい湯がいたブロッコリー

作り方
ブロッコリーとしいたけを炒めて、エビを加えて炒める。
塩コショウで味を調えて最後にクコの実を入れる。

3. クコの実入りコーンスープ
材料(二人分)
コーン 大さじ1、卵1個、クコの実 大さじ1、細ネギ1本、片栗粉 小さじ1、
塩コショウ 少々、スープの素(顆粒又は固形)1個

作り方
なべに水1.5カップ、コーン、クコの実、スープの素を入れて沸騰させる。
塩コショウで味を調え、片栗粉でとろみをつけて、とき卵を流し入れる。
カップに入れてから、きざんだネギを散らす。コーンの代わりに缶詰のカニでもよい。

4. その他クコの実の応用

お湯に浸したクコの実を色々な料理に振りかけたり、入れたりする

クコの実入りサラダ:季節の野菜や緑黄野菜で作ったサラダに、
          クコの実を振りかける。

クコの実入りお粥:土鍋や圧力鍋で炊いたお粥に、クコの実を入れる。

クコの実入りチャーハン:中華風チャーハンに、クコの実を入れる。 
posted by kenkou at 00:25 | 健康のためのメニュー

健康にたけのこ

健康メニュー

健康にたけのこ
健康健康メニュー薬膳料理のお伝えです。
 

毎日の食事も漢方薬なのです。健康メニュー・健康を学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分で子供の健康を 作ろう♪



4月の薬膳料理 〜 たけのこ 〜


4月の旬の味覚はなんといっても「たけのこ」です。

筍(たけのこ)の漢字の由来は、その成長の早さから。

芽が地上に出てから一旬(10日間)ほどで竹になってしまうことからこの漢字が生まれたそうです。

「朝掘り」といわれる新鮮でやわらかいたけのこを、
春を感じながらおいしく頂きたいですね。

たけのこには多くの食物繊維をはじめ、 ビタミンB2やカリウムなどが豊富に含まれています。

よって便秘解消や大腸がん予防、肌荒れや口内炎などによいでしょう。

カリウムは、尿と一緒に塩分を排出してくれるので高血圧の方に
おすすめです。

また、漢方的には解毒の作用があるとされており、

などにも効果があります。ただし、結石症やアレルギー体質の人は

症状を悪化させるため多食は控えましょう。

posted by kenkou at 00:19 | 健康のためのメニュー

健康にたけのこ料理

健康メニュー

健康にたけのこ料理
健康メニュー薬膳料理のお伝えです。 
毎日の食事も漢方薬なのです。健康メニュー・健康を学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分の健康を 作ろう♪


薬膳料理を作ってみましょう!



若竹煮
材料(四人分)
たけのこ(下ゆで済み) 600g  塩蔵わかめ 50g 木の芽 適量                         だし汁4カップ  調味料[淡口しょうゆ・酒・みりん 各大さじ2]


作り方
1.たけのこの先部分はくし型切り、根元は半月切りにする。
2.なべにだし汁を入れて火にかけ、たけのこを入れて煮立たせる。
3.調味料を入れて弱火にし、さらに20分ほど煮る。
4.わかめを洗って水気を切り、適当な大きさに切る。
5.4を3に入れ、強火にしてひと煮する。
6.器に盛り、上に木の芽を添えてできあがり。

posted by kenkou at 00:17 | TrackBack(0) | 健康のためのメニュー

健康にゴーヤ(苦瓜)

健康メニュー

健康にゴーヤ(苦瓜)
健康メニュー・健康メニュー薬膳料理のお伝えです。 



毎日の食事も漢方薬なのです。健康メニュー・健康を学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分の健康を 作ろう♪


夏を乗り切るスタミナ・ゴーヤジュース
ここで利尿効果のあるゴーヤ(苦瓜)を使ったジュースの作り方をご紹介します。

ゴーヤジュース・レシピ
● 材料 (2人分)
ゴーヤ 1本、
レモン 半分、
はちみつ、大さじ1〜2、
水 適宜 
● 作り方
ゴーヤをよく洗い、皮はそのままで2つ割りにし、種をスプーンでかき出す。
小さく切ったゴーヤと水を入れてミキサーにかける。
(ゴーヤをすりおろしてしぼり、水を加えてもいい)
※ゴーヤの繊維が気になり飲みにくいようであれば、レモンとハチミツを入れる前にふきんでこしてください。
レモンの絞り汁とはちみつを加えて再びミキサーにかけて出来上がり。


今年の夏バテ対策にぜひお試し下さい!
posted by kenkou at 00:12 | 健康のためのメニュー

健康で大根料理

健康メニュー

健康で大根料理から
健康メニュー・健康メニュー薬膳料理のお伝えです。
 

毎日の食事も漢方薬なのです。健康メニュー・健康を学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分で健康メニュー・健康を 作ろう♪



大根ダイエットサラダ
毎日食することで脂肪を取り、やせる効果があります。
三ヶ月毎に体重が大きく減るのが実感できます。

トッピングにしそ紫蘇やアーモンド、ジャコを加えるなど味や栄養のバランスもいろいろ工夫できます。

材料
大根300g、のり、かつお、和風ドレッシング

作り方
大根300gを千切りにして、日光や風で1日乾燥させます。
のりやかつおをのせ、ドレッシングをかけます。


大根の煮物
冷え症、ダイエットに効果があり。
毎日食すことで1ヶ月後に冷え性などが改善。

材料
大根500g、こんぶ20g、酒300ml、みりん、しょうゆ

作り方
大根は3cm位の厚さで輪切りにし、皮をむいて面取りします。
ゆでて、竹串がすっととおるくらいやわらかくなったら、調味料を入れて味を調えます。
お好みでゆずの皮の千切りをのせてもおいしいです。


健康メニュー

健康にスイカ料理
健康メニュー・健康メニュー薬膳料理のお伝えです。 


毎日の食事も漢方薬なのです。健康メニュー・健康を学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 
先ずは、自分で子供の健康を 作ろう♪


薬膳料理を作ってみましょう!

スイカ糖
スイカの絞り汁を煮詰めたもの。利尿作用があり、腎臓病、むくみ、尿道炎、膀胱炎に有効で、のどの痛みや痰がからむ時にも良いとされています。

煮詰めることで、有効成分が濃縮され、
冷え性やお腹の弱い方も安心して摂取できます。

1年くらい冷蔵庫で保存可能ですので、つくりおきしておくと便利です。

作り方
すいか2〜3個の果肉をミキサーなどで絞り、その果汁を鍋に入れて、焦げつかないようにかきまぜながら、弱火でゆっくり煮つめます。
5〜6時間ほど煮つめて、ハチミツよりもゆるいくらいの水あめ状になったらできあがりです。大さじ1杯を1日3回、食前に湯に溶かして飲みます。


ヨーグルトに入れたり、食パンに塗って食べるなど応用できます。


posted by kenkou at 00:10 | TrackBack(0) | 健康のためのメニュー

健康にキノコ

健康メニュー

健康にキノコ
健康メニュー・健康メニュー薬膳料理のお伝えです。
 

毎日の食事も漢方薬なのです。健康メニュー・健康を学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分で子供の健康を 作ろう♪



9月の簡単薬膳料理 〜キノコ類〜

食欲の秋。ついつい食べ過ぎてしまいますね。旬の食材であるきのこ類は、
低カロリーで栄養満点!毎日の食卓に積極的に取り入れてみてくださいね。

キノコ類の栄養と効用

肥満防止
カロリーが低いうえ、脂質や糖質の代謝をよくするビタミンB2が豊富です。
便通改善(食物繊維が豊富)
食物繊維は、大腸ガン予防や血中コレステロールを低下させる働きもあります。

骨粗鬆症の予防
カルシウムの吸収を促進するビタミンDを多く含みます
血管の健康メニュー・健康保持
血圧、血糖、コレステロールを下げる成分であるエリタデニンを多く含みます。

抗がん効果
きのこ類の多糖類(β−グルカン)は、免疫力を高めて癌の増殖を抑える効果があります。


調理のポイント
調理前に日光にあてるとビタミンDの量が大幅に増えます。
きのこに多く含まれるビタミンB群は水溶性です。煮汁や炒めた後の汁も一緒に頂いてください。
コレステロールの多い食品やカルシウムの多い食品と一緒にとると効果的です。
例) きのこ + レバー・うなぎの蒲焼・鶏卵・脂質の多い肉類 など

干ししいたけの戻し方


特有の香りや旨みがある干ししいたけは、戻すとき「冷水でじっくりと」がポイント。浮き上がらないよう上からふたをかぶせて、

冷蔵庫で24時間くらいかけて戻すのがベストです。急いでいる時は、細かく砕いてください。水と接する面積が大きくなり、水の吸収が格段に早くなります。

posted by kenkou at 00:04 | TrackBack(0) | 健康のためのメニュー

健康で牡蠣料理

健康メニュー

健康で牡蠣料理から
健康メニュー・健康メニュー薬膳料理のお伝えです。
 

毎日の食事も漢方薬なのです。健康メニュー・健康を学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、
自分の健康を 作ろう♪



牡蠣と白菜の煮物
材料(4人分) :
牡蠣のむき身 200g/白菜 250g/にんじん 50g/こんぶ 1片/お酒・しょうゆ・みりん 適量

作り方:
1)牡蠣を手早く洗い、水気をきっておく。

2)白菜は適当な4〜5cmのざく切りにして、根本と葉に分けておく。

3)お鍋に水と昆布を入れて30分ほど置き、火にかけてゆっくりとダシをとる。

4)ダシが十分とれたところでこんぶを引き上げ、お酒・醤油・みりんで味を調える。

5)にんじんと白菜の根元を鍋に入れ、軽く火を通す。

6)牡蠣を上にのせ煮る。

7)少し煮たところで白菜の葉の方を入れ、アクを取りながらさらに煮る。
※だしをコンソメスープ、牛乳を入れて塩、こしょうで味付けて
ミルクスープにもアレンジできます。
posted by kenkou at 00:02 | TrackBack(0) | 健康のためのメニュー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。